Stylish Rooftop Airbnb in Taipei 台北のスタイリッシュな頂上アパートに泊まってみた


  (日本語の訳は英語の後に書いてあります!)

Before I even started searching for an Airbnb for this leg of the trip, I tried to imagine what a “typical apartment” in Taiwan would look like; would they be small, like Japanese apartments? Would older buildings have tatami floors, or something similar? Would the facilities be on par with what I’m used to in Japan, or would they be lacking in some way?

When I tried to imagine how Taiwanese people live, I was drawing a blank–admittedly I knew nothing about the average lifestyle here. When I found this apartment on Airbnb, I fell in love with the cool colours, the simplicity, and the extra space, but at the cheap price of only 9900yen ($99) a day, for three nights and four days, I wondered if it was too good to be true.

After some research, it turns out that “illegal” rooftop flats are a thing in Taiwan, “illegal”, as in, they are extra properties added on by the owners of the building after the building is made. The government estimates there are currently over 600,000 “illegal” properties in Taiwan, they are usually rented out for a cheaper cost than regular apartments, as pocket change for the building owners.  I suppose that explains why, when entering the building, the elevator only went to the seventh floor, and we had an extra flight of stairs to go before we reached our room on the eighth.

Thankfully though, this flat seems to have been built with love and care. Everything felt clean and “new”. It even came equipped with TWO air conditioners, which kept the interior cool and dry (while outside was hot (32℃/89°F) and humid). Every time we came back to the apartment and opened the door, we were greeted with a blast of refreshing cool and dry air. As for space, this flat is more than twice the size of my apartment in Japan.

I was particularly excited about having a private bedroom with a REAL BED! In Japan, I still sleep on a futon on the floor in a loft. This was a welcome luxury to me, on the left side of the bedroom, was a long horizontal window with curtains, exposing a view of the patio, complete with a city skyline and the famous, former tallest building in the world Taipei 101 in the visible distance.

“Illegal” or not, being on the top floor of an apartment complex in the middle of Taipei felt pretty darn amazing.

Even on cloudy days, the amount of natural lighting the windows and balcony brought into the apartment was a really nice touch, and in the mornings, sipping 7-11 black tea on a rooftop patio in the centre of a residential neighborhood, listening to the sound of motorcycles sputtering by while contemplating how to spend the day, is one experience a hotel simply cannot replicate.


Unlike our Airbnb in South Korea, this apartment didn’t come with any amenities or extras to make our stay easier. It clearly stated on the Airbnb listing that it wouldn’t include anything, but I still wish there could have been some English pamphlets or at least a map of the area to help us get around at first. Not a big issue though, as we are adults who can take care of ourselves, and we did have WiFi access in the room, so we were able to screen-shot a few maps to rely on while we were out.

The Dunhua area in Da’an, where we stayed, was actually very convenient. Lots of old clothing stores, scattered amongst world famous brands, like Converse, Hurley, and Adidas, and a seemingly endless choice of restaurants and places to grab a snack. There was a 7-11 right across the street from our apartment, so we stocked up the fridge with drinks and snacks immediately.

The day we decided to adventure out to Taipei 101, we relied solely on our human instincts and senses of direction, from ground-level we only caught glimpses of the building peeking through alleyways or sticking out over buildings, but made our way in it’s general direction regardless. This actually turned out to be a lot of fun, because we wandered through streets and neighborhoods and got a first-hand feel for the Taiwanese lifestyle along the way.

For those of you who might consider visiting Taipei yourselves, I’ll include a link to the Airbnb that we stayed at, but I also encourage you to check out other Airbnb listings in Taipei, because there are lots of really interesting designer rooms for fairly decent prices throughout the city.

If you’re not sure where to go, however, the area that we stayed in, known as Zhongxiao Dunhua, in the Da’an area was very nice with plenty to do and see (and eat).  Hope this helps!

zzz


Processed with VSCOcam with a8 preset

Airbnb (エアビーアンドビー)ってご存知でしょうか?

宿泊施設を貸し出す人向けのウェブサイトです。スペースを借りているユーザーと、借りたい物件を持つユーザーを接続するオンライン市場みたいな感じです。今世界中に広がっている大人気のサービスで、全世界でなんと192カ国で宿を提供しています。人の家の中にあるワンルーム(ホームステイ)から、空いている物件(マンションやアパート、または一軒家)を丸ごと完全に貸し切って借りることができます。(部屋探しと詳しい情報は http://www.airbnb.jp で見ることができます。)

今回は台北で泊まったAirbnbを紹介したいと思います。

台湾で部屋を探すまでは、台湾人がどういう部屋に住んでいるにかに想像が付かなかったです。ビルの形がどうなっているのか、日本みたいに部屋が狭いかどうか?床は畳みたいなものでできているかどうか?正直分からなかったです。

だけどこの部屋を見つけた時は、住みたいぐらい気に入りました!  部屋のデザインから、色合わせ、レイアウトが凄く好きでした。しかも、日本に住んでいる部屋より広いし、Airbnbでは一泊大体9900円の値段で、最大3人で泊まれるから、安いー!と思いまして・・・っていうか、安すぎるんじゃない!?と疑問に思ってきました。

調べて、原因が分かりました!実は、台北では、いわゆる「違法建築」の物件がたくさん建てられているようです。元々あったアパートビルの頂上に、そのビルのオーナーさんが勝手に小屋を建ってたり賃貸で貸し出しするらしいです。台湾で大体、バルコニーが付いている部屋ってそうらしいです。政府によると、現在台湾では、こういう物件が60万件を超えるらしいです。まあ、つまり、「違法」と呼ばれているも、別に逮捕されるわけではないです。ただ、許可貰わずに、自分のビルの頂上にもう一件か二件の部屋などを加えて収入を増やしているとのことです。あと、場所によっては、建築的にしっかりしてなくて、危険な物件もあるということです。

とにかく物件を予約して、部屋にたどり着いたときは、エレベーターは7階までしか上がらず、「八階は、階段で登りなさい!」と言われたとき、「やっぱりそうだ!」と思いました。笑

だけど、この部屋は、とても奇麗で、しっかりしていました。自分の目で見た限り、お金をかけて建てられました。エアコンは二台もあって、蒸し暑い外と違って、室内の空気がさっぱりして涼しかったです。そして、やっぱり想像した通り、日本で住んでいるアパートより広かったです。

寝室があって、しかもベッドも大きかったってことで、大変感動しました。日本だとまだ、布団で寝ているから、いつの間にかベッドなんかは、贅沢だと思うようになりました。そして、頂上の物件だったってことで、寝室の窓から見えるのは、広いバルコニーと、その遠い先にあの有名な台北101もありました。

建物が「違法」かどうかをともかくにして、やっぱり広いベランダがあって最高でした。朝はコンビニで買った冷たいお茶を飲みながらベランダに座って、IMG_1018どういう一日を過ごすかについて悩んだりして最高でした。住宅街の真ん中にあって、道から、人の声と、バイクの音がずっと聞こえて、本当に台湾人の生活を体験しているんだなーと感じました。やっぱりホテルだとこういう気分に中々成れないですよね!!

前回のソウルでのAirbnbと違って、今回はエキストラで何もついてなかったのです。まあ、部屋の内容にちゃんと書いてあったので、文句を言えないけど、せめて観光情報や、地図かなにか、自分がいるところが分かるような情報があったら助かったかも知れないです。今回はポケットWiFiルーターは無かったけど、部屋の中のWiFiがしっかりしていたので、情報を調べて、携帯に保存してからでかけたりしてどうにかなりました。昔みたいにね。笑

でもね、それでも十分楽しかったです。周りの建物をみたり、周りの人たちの仕IMG_0934草や動き方をみて、喋り方に聞いて、全部新鮮で興味深いでした。やっぱり携帯に頼るよりも、その場にいて、いろいろ自分で感じさせるのもいいですね。(当たり前か?!)

私達が泊まっていたエリアは、大安といって、結構面白い店、レストラン、カフェ、洋服屋などが次々と並んでいます。どこで食べるのかに迷うことがなく、すべて行ったところは美味しかったです。

または、タクシーでの移動は日本に比べるとありえないほど安いから、遠く行っても大きな金額にならないです。MRTも便利で安いんですけど、私的にタクシーが大好きで、ほぼずっと使ってしまいました。大安だと、台北101のビルも近いので、バスやタクシーでいくのもいいんだけど、歩いてみても全然可能です

この部屋に興味を持っている人のために、リンクを貼っておきますが、台北に行くつもりあれば、ぜひAirbnbでほかの部屋もみてほしいです。安い値段で素敵な部屋がいっぱいあります。(もちろん、ちゃんとレビューを読んだりしてからは予約しましょうね。)

今回はこういう部屋にとまったおかげで、違法の建築について勉強にもなったし、台湾の文化により触れた気がしました。やっぱりソウルの部屋と違いました。日本の部屋とも違います。次の行き先はまだ決まってないけど、そこのAirbnbもまた違うはずですね。

楽しみです!

11 thoughts on “Stylish Rooftop Airbnb in Taipei 台北のスタイリッシュな頂上アパートに泊まってみた

  1. this is awesome! thanks for sharing, and i’m glad you guys had a great time in Taipei. i also miss sleeping in a bed. futons wouldn’t work in such a humid place as Taiwan. there would be mold EVERYWHERE on the bottom of your mattress/futon after just one season.😛 hope to see the video soon if you haven’t posted it already🙂

    1. Ahaha, thanks! I want to have all the blog posts up first before I post a video! So it’s a bit of a lagged process, but I’m working on it! Next time I move (within Japan), I swear I’m investing in a real bed.🙂

  2. You seem that you had a good time in Taipei. Actually, there is no such a room like the airbnb in Japan, but I recommend you Minshuku, in stead. There, you can enjoy local foods and very warm hospitality, in general. Because you speak good Japanese, I guarantee that you can enjoy communication with people at Minshuku.

    1. Hi Nobuaki-san! Minshuku is a nice suggestion, but you are mistaken! Airbnb is all over Japan as well, you can check various rooms here: https://www.airbnb.jp/s/Japan?source=bb&ss_id=r3c0c2bm

      Many people do not know about Airbnb in Japan yet, but it is popular for travellers, and there are definitely more hosts in Japan lately, so slowly, it is becoming popular here too!🙂

  3. It would really help if you provide the Kanji or the Traditional Chinese for the names you mentioned. Yes, you can rely on the English translated version (romanji), but… sometimes the locals can’t tell. For examples, Zhongxiao Dunhua 忠孝 敦化, in the Da’an 大安 district.

    Your English article didn’t mention much about the MRT. Actually, you might want to explain Metro Rapid Transit a little before you use the abbreviation. People have mentioned that the neighborhood map (multi-lingual) in each MRT station, along with garbage cans and public restrooms, are very helpful for the tourists, to me at the least.

  4. Ahh, I see you discovered Coco, my world-favorite boba shop. They are all over Taiwan and China, and there are even a few in the U.S. 超好喝(超美味しい)!

  5. こんにちは!
    youtubeを見てからこちらにもやってきました。
    いま、私は香港に住んでいます。
    香港も台湾と同じく違法建築の宿泊先があり問題になっています。中国圏では非常口、非常階段に荷物を置いて避難が出来ない、燃えやすく品質の悪い素材を使いアパートメントを建てることがよくあるんです。特に台湾や香港は日本より年中、湿度が高いため、建築素材も脆くなりがちです。

    また、オーナーが儲け主義に走りがちで無理に部屋数を多くしたり、一つのフロアに規定以上の荷物を置いたり、入居者を増やすため、ビルがいきなり崩れたり、火災が起きた時に迅速な避難が出来ず、逃げ遅れる事件もあります。昨年だと台湾の民家や商店が密集する地域で老化したガスパイプが爆発した事故、香港だと許容量以上の人数が老化したエレベーターに乗り、死者がでる落下事故もありました。
    日本や英国みたいに頻繁に防災訓練がありませんから住人や働く人がパニックになりやすいという点もあります。
    そんなわけで、くれぐれも違法建築に近寄らないほうが良いかもしれません。
    節約したい場合は、それでもよいかもしれません。
    危険な場合もあると、考えてから選ぶほうがよいかもしれないですね。

    台湾は日本より食費は安いかもしれませんが、食用の油、肉に問題があったり、養殖の魚や鰻から異常な量の成長ホルモンが検出されたり、タピオカの素材が人体に害があるものだったりと、、、毎月、中国本土同様、食の問題は山積みです。

  6. キャッシングでお金借りるには、申込みから振込での融資まですべてネット上でできるところが多数あります。今日中にお金を工面しないといけないけど、町中にある無人契約機へ足を運ぶ暇が取れない方や、キャッシングを利用しているのを誰かに目撃されたくない方にとっては、とても助かるサービスとして利用されています。

    インターネットを使う申し込みなら、場所も時間も左右されないというのもとてもありがたいですよね。また、キャッシング額によっては収入を証明する書類が不要の会社もあります。申し込みをして審査に通ってしまえば、自宅にいながらにして、最速で当日中に振込キャッシングができます。また、ネットを利用すれば、無人契約機などで申込書をもらってこなくても、まとめサイトなどを見ることで、沢山のキャッシング会社の特徴が知れるので、落ち着いて比較検討ができます。

    返済スケジュールという大切な部分に関しても、ネットから計算ができます。
    返済には利息の支払いが必須ですが、その詳しい計算方法は私たち一般人にとっては複雑な内容となっているのですが、シミュレーションを利用すればすぐに答えが出るので、使っておくべきものです。

    その利息分に関わってくるのが金利です。つまり金利の低いのキャッシングを借入先に選ぶことが返済の負担を減らすことになります。ここ最近は初めての人に限定して無利息で貸付をしてくれる大手消費者金融も出揃ってきたので、借りる金額によっては金利が安い銀行カードローンに申し込む必要もあまり無くなってきました。

    スマホで即日融資キャッシングができると言うと、申込の簡便さ、時間の節約、人から見られないといったメリットだけにひかれがちですが、キャッシングサービスの比較や、借りた後の返済プランに関してもきちんとした情報を得ることができるので、こうした面でも絶対に利用すべきです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s